ITコンサルタントに転職する方法「志望動機の書き方」

目指せ!ITコンサルタント

高収入!ITコンサルタントへの転職

CATEGORY

ロジカルな文章構成を意識した志望動機を

ITコンサルタントへの転職活動を成功させるための方法として、魅力的な志望動機の考え方について見ていくことにしましょう。どれほど能力がある人でも、書類選考に通過しないことには一歩も先へは進めません。履歴書の文章から伝えられることはたくさんあるということは、文章の書き方次第で伝えたいことがうまく伝わらないこともあるわけです。では、「この人ならコンサルタントに向いていそうだ」と履歴書を見る採用担当者に感じてもらうためにはどうすればいいのでしょうか。

ロジカルな文章構成を意識した志望動機を
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

ロジカルな文章構成は資質アピールになる

志望動機で押さえるべきポイントは、自分自身の今と将来、コンサルティング業界を志望する理由と、その企業に入りたいと思った理由です。これらは全て当たり前のことのようですが、それぞれのポイントを際立たせる形で文章を作成するためには工夫が必要です。自分自身の情報を収集・分析し、現状と転職活動に至るまでの経緯を客観的かつ具体的に記述し、なぜコンサルタントなのかということが明確に理解できるよう理論的に自分を解説しなければならないでしょう。「情報収集と分析」はコンサルタントの基本業務。これをそのまま履歴書に反映できれば、志望動機と共にロジカルな思考力をアピールすることができますよ。

ITエンジニアからITコンサルタントへの転職

システムエンジニアやプログラマなど、IT業界での経験がある人は、ITコンサルタントへの転職に有利な材料を多く持っています。ただし、「エンジニアだからITのことならわかっている」という過度な自信がかえって障害になることもあるので、ITに関する知識をコンサルタントに生かして新たな領域にチャレンジするという謙虚な姿勢を表すことが大事です。

コンサルタントからコンサルタントへの転職

コンサルタントからコンサルタントへの転職は、同業他社への転職ということになるので、他の転職と同様に退職理由が重要なカギを握ることになります。退職理由は正直かつ具体的が基本ですが、前職への不満などのような内容だと、「転職してもまた同じ不満を抱くようになるのでは?」と思われてしまうので、退職を決意するところまでの経緯を冷静かつロジカルに表現するよう心がけましょう。

異業種からコンサルタントへの転職

ITもコンサルタントも未経験の人がITコンサルタントになるためには、それまでのキャリアをコンサルタントにどう生かすか、コンサルタントになるためにどのような努力をしているのか、できる限り具体的に表す必要があります。未経験の人材を受け入れてくれるかどうかは、企業の方針によって異なりますが、受け入れる価値がある人材ならチャンスはあるので、コンサルタントの仕事内容や必要なスキルなどについての理解をできるだけ深めて、コンサルタントとして活躍するための力をつけるようにしましょう。

注目の記事!