ITコンサルタントに未経験から転職する方法

目指せ!ITコンサルタント

高収入!ITコンサルタントへの転職

CATEGORY

未経験者は何歳まで可能か

前々からITコンサルタントという仕事に興味があったので、未経験からの転職が可能ならチャレンジしてみたいという人もいるのではないでしょうか。実際、コンサルティングファームは新卒よりも中途採用のほうが多く、意外なことに多くの人がコンサルタント未経験。キャリアと能力がマッチしていれば転職する方法はあります。ただ、年齢的な問題は他の転職と同様に必ず付いてきます。若ければ若いほどチャンスが多くなり、年齢が上がれば上がるほど求められる条件が高く転職が難しくなりますよ。では未経験者がコンサルタントに転職するということは具体的にどうなのでしょうか。年齢別に考えてみることにしましょう!

未経験者は何歳まで可能か
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

20代は経験よりもやる気

新卒入社から3年目までの「第二新卒」と呼ばれる人達の転職先としてコンサルティングファームは人気が高く、第二新卒をターゲットにしているファームも多いということで、中途採用の応募者が最も多い年齢層です。第二新卒は社会人経験が多少あるので、ビジネスマナーの基本はしっかりと身についていますが、経験はまだそれほど多くないので扱いとしては新卒とほぼ同じ。即戦力としての力を求められているわけではないので、アナリストとして1からスタートすることができるでしょう。コンサルタントとして働きたいという熱意と、資質があることを裏付けるものをしっかりと示せれば、未経験でも採用される可能性は十分にあると言えるでしょう!

30代は知識と経験

コンサルタント未経験の30代は、前職までに培った知識と経験を生かして現場でその能力をすぐに発揮することを期待されます。MBA(経営学修士)を持っている人はやはり有利ですが、なくても確たる実力さえあれば特に問題ではありませんね。面接では自分自身をどうプレゼンするかが重要なポイントになります。若手の社員にはない適度な自信と落ち着き、行動力、ロジカルな思考力、高いコミュニケーション力、業界に関する知識などが求められるので、ITコンサルタントとして働くビジョンをまずはしっかりと確立し、力強さも合わせてアピールできるといいですね。

40代の転職はかなり難しいのが現実

一般的に40代の転職はかなり難しいものですが、それはコンサルタント業界も同じですよ。というのも、40代のコンサルタントを求めているとすれば、用意されているポジションは幹部クラス。高いマネジメントスキルは当然あるべきものであり、豊富な経験と高い実績も示さなければならないでしょう。未経験の40代がコンサルティング業界に入るのは相当難しいのが現実ですが、キャリアによっては可能性がない話でもありません。いずれにしても、20代、30代にはできない何かを持っている必要があることは確かですね!

注目の記事!