ITコンサルタントの仕事と役職

目指せ!ITコンサルタント

高収入!ITコンサルタントへの転職

CATEGORY

役職によって変わる仕事

どのような仕事にもそれぞれ役職があるものですが、ITコンサルタントにもやはり役職があります。これからコンサルタントとしての転職を考えるにあたって、コンサルティングファームの一般的な役職について知ることは今後のキャリアを考える上でも重要なことなので、「アナリスト」「コンサルタント」「マネージャー」「パートナー」という4つの役職の仕事内容や主な役割について順番にご紹介しますね。

役職によって変わる仕事
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

アナリスト

コンサルタントのファーストステップにあたるのが「アナリスト」です。コンサルタントの役職としてはもっとも低く、マネージャーやコンサルタントの指示のもと、情報収集・分析、書類の作成、プログラミングなどを行います。入社して2年から4年ほどの期間はアナリストとして働き、やがてコンサルタントへとステップアップすることになります。

コンサルタント

アナリストとしての経験を積むと、次は「コンサルタント」に昇進です。基本的にはアナリストからコンサルタントへという流れが一般的ですが、社会人経験豊富な中途入社の人などは、コンサルタントからのスタートになることもあるようです。コンサルタントの役職はアナリストの1つ上で、依然としてマネージャーの指導下にはありますが、プロジェクトを全て任されるようになるため、自身の判断能力が問われることになります。アナリストに情報分析・収集の指示を出し、マネージャーと緊密にコミュニケーションを取りつつ、主体的にプロジェクトの進捗をコントロールしていきます。

マネージャー

コンサルタントの次のステップは「マネージャー」。コンサルタントとして働く多くの人が目標にしている役職ですが、アナリストからコンサルタントまでとは違って昇進へのハードルはかなり高くなります。マネージャーは、プロジェクト責任者にあたる役職で、プロジェクトの指針やメンバーのスキルに合う役割を決めたり、予算管理を行ったりと、様々な決定権を持っています。クライアントとの折衝もマネージャーの仕事なので、開発チームの事情とクライアントの要望の折り合いをうまくつけながら、プロジェクトを成功に導くための高いコミュニケーション力が求められます。

パートナー

「パートナー」は、コンサルタントが行き着く最高位の役職で、立場としては共同経営者ということになります。マネージャーまでは開発現場のマネジメントが主な仕事ですが、パートナーになると現場ではなく事業全体のマネジメントに軸が大きく変わるので、新規クライアント開拓のために様々な角度からアプローチを仕掛けるなど、仕事内容は営業的な要素が高くなります。パートナーにまで到達できるコンサルタントはほんのわずか。ここまで来るためには相当の荒波を乗り越える覚悟が必要かもしれませんね。

注目の記事!