ITコンサルタントの仕事と種類

目指せ!ITコンサルタント

高収入!ITコンサルタントへの転職

CATEGORY

業務によって区分けされる種類

肩書きとしては同じITコンサルタントでも、業務によって種類が分かれます。そのため、「ITコンサルタントに転職したい」というだけでは少々大まか過ぎるかもしれませんね。そこで、ITコンサルタントの種類とその仕事についていくつかご紹介していきますよ。

業務によって区分けされる種類
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

IT戦略コンサルタント

まずご紹介するのが「IT戦略コンサルタント」です。ITを軸にした仕事ではありますが、立ち位置としては限りなく経営者に近いところなので、その責任とプレッシャーたるや一般社員では味わうことのない領域です。IT知識だけでなく経営全般に対する知識とセンスが求められるので難易度としては高め。今の時代、ビジネスとITは切っても切れない関係なので、IT戦略は企業の生き残りがかかっていると言っても過言ではないですが、現場にそれを担う人材がいなければ、IT戦略コンサルタントが企業の経営戦略を立案し、実行するという業務を行います。

ERPコンサルタント

ITによって業務の効率化を図る役割を担うのが「ERPコンサルタント」です。ERPコンサルタントは、クライアント企業が抱える経営課題を細かな業務内容から探り出し、それらをITシステムでどう解決していくかを考えます。顧客管理や財務会計管理などの基幹システム開発プロジェクトをマネジメントするということで、高いコミュニケーションスキルと各業務に関する専門知識が求められます。

PMOコンサルタント

プロジェクトを成功させるためには、チームメンバーそれぞれの能力が重要なのはもちろんですが、それ以上に重要なのがプロジェクト管理です。「PMOコンサルタント」は、プロジェクトマネジメントのプロとして企業全体のプロジェクトを包括的にサポートするのが仕事です。大規模な開発プロジェクトなどの場合、プロジェクトマネージャーだけで全てをカバーしきれないこともあるので、PMOコンサルタントの力を借りて全プロジェクトをまとめていきます。優秀なプロジェクトマネージャーを確保したくても人材が少なく、育成にかけている時間がないという企業の多くは、PMOコンサルタントの存在に助けられていますよ。

その他の様々なITコンサルタント

ITコンサルタントの種類は多く、「CRMコンサルタント」「SCMコンサルタント」「ネットワークコンサルタント」「セキュリティコンサルタント」など、その他いろいろなコンサルタントがITシステムに関わる業務の専門家として活動しています。どのタイプのコンサルタントになるとしても幅広い知識と経験は必須です。また、コンサルタントになってからも勉強は続きますし、経験したことのない局面にぶつかることもあるでしょう。それでも、コンサルタントを名乗って活動する以上、結果は良くて当然という厳しい世界なのです。

注目の記事!