ITコンサルタントの仕事と年収

目指せ!ITコンサルタント

高収入!ITコンサルタントへの転職

CATEGORY

結果を求められるが故の高額年収

ITコンサルタントの魅力はなんといってもその年収の高さですよね。ということはそれだけ仕事もハードになる覚悟は必要。転職を決意する前にITコンサルタントの仕事とはどのようなものかをじっくり考えておきましょう。

結果を求められるが故の高額年収
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

ITコンサルタントの仕事

システムエンジニアやプログラマの仕事をしていると、「もっとこうすればいいのに」と思うようなプロジェクトに関わることがあるかもしれませんね。上流工程を担当するシステムエンジニアなら提案するチャンスがある程度ありますが、基本的にはクライアントの要望を軸に要件をまとめていくので、クライアント側の経営状況にまで深く踏み込むことはありません。一方のITコンサルタントはシステム開発の上流工程のさらに上流。企業の経営状況を洗い直し、どのようなITシステムを導入すべきなのかというところから考えます。つまり、プロジェクトの立ち上げから深く関わることになるので、評価される結果は「成功」か「失敗」という厳しい世界です。ITコンサルタントは成果を出すことが大前提ゆえの高報酬なので、プレッシャーから逃れられない心身共にハードな仕事と言えますね。

気になるITコンサルタントの年収は?

エンジニア職に比べるとITコンサルタントは年収が高いというのが通説ですが、実際どのぐらいもらえるのかが気になるところですね。当然のことながら能力差によるところも大きいので一概には言えませんが、独立して確たる地位を築いたITコンサルタントなら年収1,000万円を超えている人もザラです。年代別だと30代で年収600万円以上、40代になると800万円以上とも言われています。ITコンサルタントになれば誰もが高収入になるというわけではもちろんなく、それ相応の能力が絶対的に必要となります。IT知識やスキルに関しては、一般のエンジニアレベルかそれ以上、それに加えてプロジェクトマネジメントスキルも必要でしょう。要するに、システム開発プロジェクトの先頭に立ってチームをまとめ、然るべき成果を出すという1セットをこなすまでを「基礎能力」として持っていなければならないということです。
ITシステム開発の途中で発生する様々なトラブルにも的確に対処し、多角的な視点からプロジェクトを見つめ、理論的な思考力をフル回転させて冷静な判断を下していく能力が高ければ高いほど、それが収入に直結するというのがITコンサルタントなのです。言葉で表すのは簡単ですが、かなり多くの資質が求められるのは確実で、ただ知識とスキルと経験があればいいというだけでなく、観察力や洞察力、強いては人間力というところにまで広がっていくので、「稼げそうだから」という軽い気持ちだけでは近づけない世界ということは理解しておきましょう。

注目の記事!